スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
一回性と永遠の傑作
 最近狂ったように連日「つたや」で借りたDVD映画を見ている。
 それまで私は真面目(?)にDVDやVHSを買っていたのだ。今までどうしてビデオを借りて映画を見たりしなかったかというと、やはり何といってもテープの「からまり」恐怖であった。
 最近そのことを「つたや」の店員に言ってみると「もしそのようなことが起きてしまった場合はそのまま持ってきて下さい。事故保障がありますので負担はありませんよ」というようなことを言う。そそそ、そうだったのかぁあ!!…と今更気付いても遅いか。
 とにかく借りたものをメチャクチャにしてしまうなどということが平気で出来るような神経を持ち合わせていなかったので、長い間決してVHS映画など借りなかったのであ~る。ちゃんと買っていた(偉いでしょ)。つまり馬鹿をみたのか私は。

 しかしもうすっかりタイトルが出揃ったDVDではまずそんなことは起き得ないので、安心してバンバン借りることが出来るわけで。
 DVDも実はタイトルを買っていたのだが、映画作品のほとんどは一回性を持つもので、何度も観る名作というか鑑賞に耐える作品など数えるほども無い、ということに最近気付いたのであ~る。「時間芸術」の最たるものである映画は正しくその「一回性」が厳しい。私の場合そうした一回性を久しく超えていると感じる作品として、SF映画では「ブレードランナー」「2001年宇宙の旅」などがあって、すでに何回観たか忘れてしまうほど観たなぁ。日本映画ではクロサワの「乱」をよく観た。あと特殊なもの「ベニスに死す」がある。これはつまり底本がトーマスマンであるしアーチストの映画だからか、何度も観れる。

 で、最近DVDのおかげで頻繁に映画を見始めたので何か映画のことを書いてゆくコーナーでも作るかなと考えているのです。はい。

デジタル対アナログ-2
しばらく身辺多忙でPCから離れていたが再び帰ってまいりました。涼しくなったしね。
ところでPCの社会的影響について興味深いブログ「システム管理者のお祭り」を久しぶりに訪れてみると、相変わらず世代別PCスキル問題が世間にいまだ置き去りになっているようですな。

これを見ると50代というのがそのはっきりとした境目で、こいつらにPCで何か処理をしてもらうのは初めから諦めた方が良い、みたいな、、。いやぁーしかしそうかなあ‥私の周りの50代の人はお買い得だったとか言って自分でHDD付け替えてOS入れ直したりしてますがねぇ。事務ソフト操作で判らんことは聞きに来たりしてスイスイ使って行ってるけどなあ、白髪まじりで、、。

しかし私にもPCについては未だに納得できない操作がある。
それは「電源スイッチ」である。いったい何時の時代に電気製品で電源スイッチを押して機器を終了出来ないような機材があったろうか?
いわゆるソフトウエア的終了操作ですな。
こんな面倒な考え方の操作は早急に解決してもらいたいものだ。内部的終了作業など、突然の電源遮断時に自動でやってもらいたいぞしかし。
「自作PC」を買いたたく
え~、、お久しぶりです。
最近やっとPCをすげ替えました。ビッダーズで1.7Ghz CD-RW付きマイクロATXの自作デスクトップパソコンを16,000円で落札して安上がりに済ませたところです。

大体「自作」をやる人でオークションに出品するほどなら、まともに動くものをすでに何台か作っていて、けっこう神経質な面もあるので(でなきゃまともに動くPCは組めねーぞ)そうそう変なものを平気で売りつけたり出来るようなヒトではないはずですから。お買い得の穴場ですね。

というわけで各種設定・アップデート・データ移動をやっと済ませて順調に稼動中。この記事はそのPCで書いているわけです。
日常何か起きるとブログは停滞気味
さて。家族の入院でなにやかやとバタバタしていてブログをしばらく書けなかったが、やっと一段落して見舞いにも慣れてきたのでちょっと書き込むです。
今日何とトップの「日記」のリンクが日記のページにリンクしていなかったことが判って修正しました。PC関連日記と普通の日記の2種あったわけなのですね。すんまそん。

久しぶりにこのブログを表示するとキャッシュが切れていたらしく、けっこう時間がかかってしまった。どうやら貼り付けた「ニュースティッカー」3種のいずれかでリクエスト送信解決に時間がかかっているようですね。時間のかかっているアドレスを調べてそいつを削除しようと思うです。

以前から日記を独立したブログに移動しようと思っていたがついにFC2ばりに条件のそろったサービスのブログがもう一つ見つかったのでGooBlogに書いていた日記をこちら「J.P.フィールド イマジン日記」http://jpfield.seesaa.net/ に続けることにした。
しかしさすがにこちらも更新をさぼっている状態です。はい。
2050年、人間は「不死身」に=脳の中身をPC保存
 海外総合記事 ロンドン22日

 実にばからしい「予測」だ。人間の意識というものが身体と不可分であることをまったく無視している。意識だけの人間というものをいったいどのように想定できるというのだろうか? またいったいどのようなソフトウェア的革命を想定して言っているのかも定かでない。現代の脳内科学の知識ともつながっていないようなのですが?

 だいたいこんなことを言っているイアン・ピアソン氏なる人物自身が科学者でもコンピュータ技術者でもないのだから、わざわざこうしたWebニューズに流すこと自体が単にお遊び程度のものだろう。しかしひどすぎる。

 ちなみに20年も前にアーサーCクラークはすでにこうした予測に基づいて作品を書いているのですがねえ。SFでなくてニュースだと言うなら、それなりに技術的根拠と理論の片鱗ぐらいは紹介すべきだろうね。

 トラックバックは意味も仕組みも分りにくい
 ブログを現在3カ所持ってブロガーしているわけだけど、この「トラック・バック」というブログのブログである証明のような機能がどうも分りにくい。
 だいたいその命名からしてイメージが掴みにくいのだ。トラックのバック? いくらなんでも4トントラックはイメージしないだろうが、たぶんこれはブログ記事の分割したそれぞれの記事をトラック、つまりレコードの分割された一曲ずつのバンドをイメージして付けたものかも知れない。ならばCD世代にとってはなおのこと分りにくいな。CDの曲と曲間の空白部分は見ても判らない。レコードならその無音部分がはっきりと判るけどね。
 で、その記事のバック「後ろ、ケツ」ということだが、バックという語はなにもどんケツを表すことは少なくて「戻る、バックする」という意味で普段は使うので、ますます意味不明となってくる。

 トラックバックの使い方はそれぞれのヘルプに簡素に書かれているので別に出来ないこともないわけだが、「判らない」ということはそういうことではないだろう。つまり何だか仕組みがもう一つ掴めないのである。いったいどうして自分のブログのしかるべき場所へ相手のトラックバック指定URLを書いたら、相手のブログを操作しなくても私からトラックバックが入っていることを示す(1)が上がるのか?
 一応調べてみると、これはピング送信という通信技術だそうで、こんなことを世界中のいかなるブログであっても実現するためにはそうした実装仕様が確立されていなければならない。そのソフトウェア部分では独自仕様があってはならないのである。しかしこれはものすごいことではないのだろうか?

 デジタル対アナログ
 いやぁー世の中まだまだPC使い手と苦手グループの攻防が続いているようで、こんなブログにたまたま出会って読みふけってしまった。「システム管理者のお祭り」というブログ。ここでの記事でDVテープ(デジタルビデオテープ)が街のDPE屋さんに持っていけばCDに(実はDVD)に焼いてくれるというサービスがあることを知った。知ってましたかこれ。あの小さいDVテープです。
 じゃあ古いカセット売り音楽テープも、もしかしてCDに(これは間違いなく音楽CDでしょうね)焼いてくれたりするのかな?いやしかしこれはなさそうな気がする。カセットテープデッキ全盛の頃の名機がもはや何処にも見られなくなっているしね。メディアの趨勢もけっこう激しい。

 私はいまだにデジタルデータ音楽(サウンド)に疑問を感じている。だってあれはアナログでしょうにもともと。
俳句短冊表示サイト
 昨日はサーバーデータアクシデントのおかげで色んなブログを廻って来て、面白いものを見付けた。右サイドに貼り付けてある俳句短冊表示サイトです。
 これは「俳句ブログ」というサイトで、「タグ発行」もしてくれるので進行中のブログに貼り付けることが出来る。貼り付ければ常に最新の句を表示してくれるというもので、さっそく登録して詠んで来た。
 しかし登録時に年齢を50代にしてしまって後悔している。だって俳句といえばやっぱり50代のおっさんではないのか? メンバーを見るとほとんど30代、高くて40代といったところ。句詠みにしてもサバよんでるんじゃないのぉおお?
 もし登録されるなら変更が利かないようなので、よくよくお考えの上ご注意を。
 コンテンツ復活!
いやー。どうも、大変でしたね。
サーバー管理者さんご苦労さんでした。
問題なくすべての記事が復活いたしました。復帰が早かったので秘密にしといてあげるね。

といっても、私は最近ミス多くてオークションで売れた出品物の送料計算が超過したり足らなかったり、定形郵便規定を忘れていたりで、慎重なはずの私としてはガタガタって感じだ。

もっともありえねぇミスは扇風機のコンセントを間違えてノートパソコンの電源をいきなり切ってしまったことで、こいつは重量軽くするためにバッテリー抜いてあったのだからひどい。モロに電源遮断を喰らってしまったわけです。コンセントスイッチは便利なのだけどこれが怖いよね。
 アフェリチカチカクルクルパチパチ
 最近になってせっかく自分が色んなコンテンツ持ってるのだから、もっと現実的にわずかでも金になるようなことをしないともったいないし、要するに小才のないアホじゃないのかあ? とか考えてアフェリエイトを貼り付け始めたが、思うようにはいかないねこれ。
 アフェリエイト自体が実は非現実的なまでに金にならないことだということはよく知っている。アフェリエイトで月収50万なんていったいどんなことをしてのことやら。誇大妄想もいいところじゃないのかね。

 実はすでに数年前から大手アフェリエイトを自HPに導入したが、そうそう収益など出ないので一時すべて外してしまったことがある。しかし最近妙にアフェリエイトブームのようにあちこちで導入している個人サイトが目立ちだした。といってもアフェリエイト自体のアフェリエイト広告なのだから、要するに本来的活用では大した収益は上がらないということか。

 複数サイトにかけられるアフェリ仲介サイトもまた少ないような気もする。好みの会社やサイトのアフェリエイトを扱っている所がこれまった判らない。第一この便利なFC2ブログのアフェリエイトを何処が扱っているのだろう?アフェリエイト作業は面倒さに輪をかけてそういうことがもう一つわからんしストレスを感じるなぁ。

↓以下はビッダーズの商品直アフェリエイトで、設定はもんのすごく簡単だ。アフェリエイト導入の詳細は右サイドにあるCMからどうぞ。
HP DP986P#ABJ desktop d330SF C2.2/256/40G/1000-T
 PCショップの技術関係の人なのか?
 ところで、家賃やら電気代やら都会生活で遊ばなくてはならないし、忙しい清貧一般学生がデスクトップやノートPCなどに使える金はけっこう厳しい。そんな時はやはりビッダーズ。ああこりゃこりゃ。【ノートパソコン(Win)】のお買い物ならビッダーズ です。
 私はビッダーズでPCに限らずまぁ色んなモノを買い、また売りましたが、トラブルはゼロに等しいです。一度だけ、今はもう無いSVHS形式録画ビデオにこだわって画像にノイズが出るのに当たってしまったことがあるが、その売り手の方は何事もなく返品に応じてくれました。どういうわけか良い人ばかりに当たってきたのかもしれないが、その内どうしても売るときも買うときもビッダーズ一辺倒になってしまったのです。ちょっと値段高めじゃないか?と思うときもあったけど、何より完動品が欲しいですからね。
 特にこの人「ARA3さんの商品一覧」は一人で価格破壊者なのですが、たぶん相当な腕の修復技術を持っているのでは?と思います。私の買ったノートPCも何と「ショップ検品合格」のラベルが貼ったままでした。ショップの技術関係の人なのか、しかし実は個人出品なのでどうも良く判りません。
 中古ノートPC価格
 いやーしかしFC2Blog 使いやすいですね。まとめてこちらに記事を移動しようかなと考えてしまいます。
 ところで、昨日も今日も眠れないなんてことはありませんか? 今日は前から少しは気にしていた排水口の詰りを通す大変な汚れ仕事をして大騒ぎだったのに、疲れているのに眠れない。今日はさすがに眠れるだろうと思ったらやはり寝付きが悪く、こんなものをこの時間に書いている。
 本当には身体は疲れていないのか、それとも脳が覚醒状態のまま切り替えられないのか、分散睡眠という器用なことが出来る人がうらやましいですねー。

中古PC価格はついにこんなことになってしまいましたね。
セレロン400ノートが即決価格 12,600円 ですと。
即決価格♪セレロン400ノート

私もこの方からノートを買って重宝していますが…。
Copyright © PC修復-コテ先修理. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。