スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日はちょっと勝負の感じで
しかし何ですな。フィーバー機というのは腕を磨く、とか攻略情報をあちこち調べるというよりも、台選びのカンを磨いてゆくのが結局良いようで。
カンを磨くためにはやはり長年同じ店に通っていなければそういうものは形成されない。というわけで再び駅前店に行ってみた。

今日はちょっと勝負してやろう(実は普通機の合間にチマチマフィーバーを打ってきただけで「勝負」はしていないなぁ・・)と肩怒らせて駅前にくり出てみると、なななななな何と!今日は振り替え休業でその悪名高い店の一軒が休み。しょっぱなから肩すかしを食わされた。しょうがねぇので、いつも何時も出なかった店に行くと新台(フィーバー機とスロット)を入れてある。このやろうめが。二週間も出なかったのはこいつらを導入するためだったのかぁああ!!

というわけで普通機で時間をつぶして適当に回った頃、さっそく新台へ。しかし打つつもりの台が開いていたにもかかわらずその隣の端台に座ってしまう(このワケの判らん行動は何だあ?)。打っているとふとその台に座った真面目大学生風の大男がなな何と500円で確変フィーバー!!!!!
いきなり落ち込む(教訓:自分のカンを信ぜよ)
落ち着いた装いでしばらく打つが回りも最悪なのでおなじみの「水戸黄門」に鞍替えした。水戸黄門は一万円札を入れるとかかりやすい(え??)千円終了して一万円の内500円で確変フィーーバー!!!!(ね。)
相変わらず5箱で止まるなこれ。
1箱飲まれて何にも来ない・・・。4箱獲って止め。

さてお次は気になっていた「紅・・何とか」という新台が二台開いているのを発見。好みの端台へ座る。「353回転、大当たり12回済み」という台だね。これを見たときはカンが騒いだのでさっそく打ったわけだ。案の定1,500円で確変フィーバー!!!!!!
ノンストップで9箱出てしまう。ありゃりゃ。勝ってるよ私。肩怒らせて見るもんだねえ。

ところが9箱で終わって時短になった時の休憩で「水戸黄門」がその後どうなったか見てみるとなななななな何と。痩せた爺さんが三箱出しているではあ~りませんか・・・。
(教訓:時短終了しても二箱分は回すべし)

というわけで1箱飲まれて8箱交換の止め。
しばらく飯食ったり缶コーヒー飲んだりで店内を物色していると8箱で止めた台に実直サラリーマン清潔中年が座って打ち始めていた。それを見とどけてしばらくして戻って見るとやはり低予算でかかって3杯目。う~~む。教訓は生かされないから教訓なのであった。
しかし5万ほど勝った。というか取り戻したのだから嬉しい日となった。

店は益々混み合って来て好きな羽根モノも空かないので、先日行った幹線道路沿いのパチ屋へバスで直行することにした。
ここでは羽根モノしか打たず、アクアで6千円ほどの勝ち。

帰宅の前に水彩画を額装するためのパッドを注文しに画材店へ。手間賃入れて945円也。
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © PC修復-コテ先修理. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。