スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
デジタルによるアナログ化の高度さ
たとえばアナログが古くてデジタルなら何でも新しい技術だと思っている人が一般的だけれど、実はアナログの醸し出すデータはとんでもなく巨大でそもそもデジタルで整理できるようなものではない。そんなことを計算ずくでやろうとしたらカオス状態である。
音楽録音を例に取ると今頃になってレコードに記録されたアナログ信号に今まで知られていなかった音楽の心地よさを形成する信号が含まれているということが判ったという話もある。デジタルのサンプリング技術はその大量巨大なデータをはしょっているに過ぎない。だからデジタル音楽はまだまだたとえばまったくシミも皺も見当たらない(というよりもそもそもそんなデータを処理できない)CG人形の美人のようなものでキンキラ、ツルツルの大嘘サウンドであったのだ。

しかし今日になってコンピュータ処理技術が進化して来たので大人の肥えた耳の鑑賞にも耐え得るアナログ風記録が出来るようにはなってきた。今こうした動きは方々のPC処理機器で起きつつあるわけだねぇ。
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © PC修復-コテ先修理. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。