スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 時計を取付けてみた。(参考Html修正5.29)
 さて、今日は「ブログパーツ」の日になってしまって、色んなものを貼り付けたが中でも出色モノは「時計」になった。デザインがとても良いのだ。
 これは「(豚)ボンジュール http://www.butabon.com/」というグラフィック制作サイトが無償配布しているレンタル時計で、けっこう色んな種類があり、それぞれ色も背景も変えられるようになっている。こいつを私のブログページに借りることにした。ちゃんと秒を刻むFlash時計なのでブラウザにFlashプレイヤーが入っていないと表示できない。

 張り付けは最初は簡単にプロフィールブロックへ入れ込みをしてみたが、あまり綺麗なのでどうしてもページヘッドに貼り付けたくなってしまった。
 というわけで、ヘッド中央に貼り付けるための「Html編集」場所を記録。
 (*以下そのままコピーでは使えません)

■スクリプトの上の方にある<body>から始まった箇所
<body>
<div id="baseBlock">
<div id="headBlock1"></div>
    |
    |

■とある場所の headBlock1 に入れ込む。
 <div id="headBlock1">ここに入れ込む</div>
 なのだが、位置の調整のためにセンタリングや改行を入れた。
これを書いた日にセンター閉じ</center>を入れるのをわすれた。
もしHtmlに詳しくない人が参考にされた場合、表示がかなり崩れたでしょう。すみません。

 <div id="headBlock1"><center><br><br><br>ここに時計のタグ・スクリプトを入れ込む</center></div>

 というわけです。はい。
 私の場合は大きさ110×110を指定して縮小表示にしました。
 色々と入れ込みすぎて何だか表示がだんだん重くなって来たような…。

===========================================================
*10時40分
 やっぱり止めます。どうも表示完了までが重くなります。今日一日だけの時計表示でした。
 やはり表示側で直接動かす時計プログラムが入るなら(?)いくらか早いかもです。他に色々と重そうなパーツを付けていない人はお勧めですね。はい。
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © PC修復-コテ先修理. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。