スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
★次にやったこと
1.同様にしてWin2000がインストールされているパーティションを Drive Image (DOS起動ソフト)によってデスクトップのHDDに丸ごとイメージファイルとして保存する。この時ドライブD:(拡張パーティション)内にファイルを保存。しかし今度はイメージファイルなので、システムの入ったパーティションがいったん拡張パーティションに入ってしまい、しかもMe起動時に読み書き可能というパーティションデータの変動は一応起きないはずだ。
2.Drive Image によって空のHDD(ドライブD:)にC:パーティションを復元する。
3.このHDDをプライマリマスターとして単独で繋いで起動。

*結果は同じステップを進んで、再び上記の同ブルースクリーンエラーを表示する。
ちなみにこのエラーに入ると Ctrl+Alt+Delete キーも効かない最悪の状態となるので、電源ボタンの長押しでPCを落とすしかない。
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © PC修復-コテ先修理. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。