スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
★ついに降参して本家マイクロソフトHowTo資料HPへ 05/1/21
ありました、ありました。
ブートに関するハウツー資料が多数残されてあって、英文はすべて翻訳されている。たぶんマイクロソフト専用辞書による機械翻訳らしきものもあって、日本語が変なものもあるが、かなり詳しい。
マイクロソフトはこのドライブの変更によって起きるブートとログイン不可を「弊社ではこの問題を、この資料の冒頭に記載した Microsoft 製品の問題として認識しております。」とある。<冒頭の文書>に対する原因説明は以下の通り。

==========================================
原因
この問題は、Windows 2000 ブート パーティションのドライブ文字が、Windows 2000 の初期セットアップ時に割り当てられたドライブ文字と一致しない場合に生じます。Windows 2000 では、ドライブ文字がレジストリに基づくデータベースに記録され、各ボリュームのグローバル一意識別子 (GUID) に従ってドライブ文字の再割り当てが行われます。そのため、ボリュームの GUID が変更された場合、またはハード ドライブ複製ソフトウェアによって複製された場合は、元のドライブ文字がブートボリュームに割り当てられない可能性があります。

マイクロソフトサポート資料より抜粋
文書番号 : 249321 最終更新日 : 2004年5月5日 リビジョン : 1.0
==========================================

ボリュームの GUID?元のドライブ文字がブートボリュームに割り当てられない??先のドライブを割り当ててくれれば簡単なのでは?…?まあいいか。

「問題として認識している」のは、これによって起きる様々に面倒な修復作業が必要とすることに対してだろうか? とにかくこれが「問題である」、とは思ってくれているらしい。
確かに考えてみると、短いスパンでハードが進化するPC界でOS上ではそのままの環境を維持することに、このような面倒さがあれば問題だ。また緊急時対策としてミラーリングしたHDDの運用(むろん資料有り)についても、文書を読めばこれではかなり難しい。その上家庭内LAN上で素人が同環境を簡単には作れないということもある。
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © PC修復-コテ先修理. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。