スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Windows XP SP3 導入で処理が速くなった♪
5月7日に配布開始されたウインドウズXP最新サービスパックSP3をさっそくインストールして見た。
とりあえず常用しているCPU1Ghzサブノートの Dynabook SS1600 に導入。
ダウンロードが済むとそのまま自動で「復元ポイント」を作成してくれるので、一応安心して放っておいた。サービスパックはさらにシステムファイルのバックアップをキャビネットに作成してから、大量のファイルを更新。全て終わるのに1時間ぐらいはかかったね。

さて、再起動の処理が済むと、「自動更新」のオンを勧められてからやっとおなじみの画面に至った。これだけ多くのファイルを書き直して、さらに新技術で太ったXPはさぞ重くなるんじゃないかなと思っていたが…。

速い…。
ウインドウズの処理が早くなってますよこれ


マイドキュメントを開く時など、特にエクスプローラの動きがキビキビしてまして、良いですよーこれは。はい。
過去の歴代サービスパックでPCの体感速度が早まった、などという記憶は無いだけに、ちょっと意外でした。導入で使われたディスク領域は400MBぐらいか。

XP SP3インストールでIE 7が削除不可能になるとのことだけど、このサブノートはIE6のままでアップしてあるので問題はなかった。だいたい私はOpera使いだしね。
大変なことにならず、良かった良かった。

大変といえばそれよりも、ダウンロードが完了して検証が終了した直後、何と関東地方で震度5の地震発生とのニュース。ネットワーク関係大丈夫ですか。こちらはもうダウンロード済みだったんですがね。はい。
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © PC修復-コテ先修理. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。