スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FinePix 1500 のスマートメディアが読めない?
finepix1500.gif前からやらなくちゃと思っていて、何年も放ってしまうというのがよくあって、(ない?)
すごく久しぶりに富士フィルムのデジカメ FinePix1500 を引っぱり出してきた。
USBインタフェースが付いていないデジカメだが、これの発売当時はまだUSB接続が出始めの頃だった。

このカメラ、しかし画像クオリティーはけっこう高いのですよお。
死蔵しておくのはもったいないです。ちょっと重量感あるけどね。

というわけでRSS232インタフェイスに繋ぐケーブル(TWINを使って写真を取り込む)を探すが、どこからも出てこない。よくある話だが困っていた。
2,3日過ぎて、実はカメラには「スマートメディアカード」を挿していたのを思い出した。
なーんだ。
USBカードリーダで読み込めばすぐに済む話でした。

ところが…
これまた古いUSBカードリーダ(H52PT-7002)を引き出しから掘り出して、スマートメディアをノートに接続。OSはXPなのでカードリーダは難なく認識完了。
しかし肝心のカード内データが…。
「このメディアはフォーマットされていません。今すぐフォーマットしますか?」
うっ…。
もちろんカードには先ほどテストで撮った写真が2枚入っているはずなのだ。
カードをカメラに戻して写真を確認。再びカードリーダに挿して接続。だめだね…。

2年以上放置のカメラとカードリーダです
このカードリーダは2003年頃の激安品だったが、Meを使っていた頃から何も問題がなかったお買い得品だ。今回XPで接続すると ScanLogic USB Storage Drive として認識される。ドライブはスマートメディアとCFカードの2つが同時に出現。
私はコンパクトフラッシュなんて高けぇもんを使う機材は選択しないので、CFのドライブを使ったことないが、ネット情報ではそちらも問題なく使えていたそうです。

さて、カードのフォーマット形式がまさか違っているのじゃないでしょうね。特殊な「カメラ専用」とかだったらアウトだけど…。そんなはずはない。カメラでフォーマットしたものはWindowsでも読めるフォーマットなはずなのだ。でなければデジカメの意味がないし。
さっそく Fuji のデジカメ関連ページでアーカイブを調べて見ると、、、別に何も無いです。
98SEの頃のデジカメだしね。
ただ、スマートメディア内で直接画像編集ができるというソフト PICTURE SHUTTLE というのがオプションのUSBカードリーダなどに付いていたらしい。それのアップデータはある。

仕方がないのでとりあえずXPで自動認識したカードリーダ経由でメディアをフォーマットした。形式はFAT(それ以外は選択肢なし)
さて、カメラに戻す。もちろん FinePix1500 は「カードエラー」を表示。だと思ったよ。
一応やってみるわけです。

認識成功 綺麗な写真♪
カメラの電池をフルパワーのものに替えて、スマートメディアを再度 FinePix でフォーマット。写真はすべて消滅♪(電池を換える時に手間取って、カメラは初期状態に戻った)

今度はやり方を変えた。
USBカードリーダH52PT-7002をXPに接続してから、スマートメディアを挿す。
XPがカードリーダを認識すると2つの空ドライブが現われる。そいつにメディアを挿すという、フロッピーなやり方だよね。
メディアがすごく薄いのでちょっと扱いが慎重になる。最近私は電源を入れたままカードを抜き差しなどしない、という癖がついているのだが…。まあ、相手はドライブだということで。
カメラから抜くときはもちろん電源は切れている。

おお。
めでたくXPからDCIMという画像フォルダが表示された。
難なくテスト撮影画像も現われた。見るとやはり画像のクオリティーが高い。Fujiは画像処理の何か特許を持っているのではないのだろうか。1万円デジカメのイージーな画像でさえ、他社同ターゲット製品と比べてダントツに綺麗なのだ。
だいたいこれはレンズもまともな大きさだし、 FinePix さすがです。

スポンサーサイト
Track Back
TB*URL

??????? FinePix?Υ? by Goodor Bad
FinePix?Υ???????Τ????λ????????????Τ?????Υ???ä顢????  [続きを読む]
???????罸by Goodor Bad 2008/01/30/Wed 13:52
Copyright © PC修復-コテ先修理. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。