スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アルフシステムの中古ノートPCを買ってみたらどうこれ?
dynabook_ss_1600えーと。最近愛用の DynabookSS2000M の Windows2000 が調子悪いし、起動遅いし、HDD がカッコンカッコン恐怖な音をたてたら起動出来なくなったりしているので、3代目のモバイルノートを購入すべくあちこちネットで探してみた。
ある日「アルフシステム」という中古PCネット販売店が見付かったが、ここは何とオークションの何処にも出品していなくて (店名変えている?)、写真だけが頼りみたいな店だ。
(写真はアルフシステムの商品画像、何と1枚だけ)
そこの豊富な商品の中から良さそうなモバイルノート DynabookSS1600 10/L2 を発見した。値段もまあまあ安目な42,000円なわけだよ。

ところが、写真は現物ではなくイメージ (これは良くないやりかただよお)。
ならば、不具合や状態など詳しく書くべきだが、個別にあってもそれほどでもない文章量だ。もうこれは買ってみるしかない(え?)、という一発勝負みたいな…。
とにかく同モデル在庫中から最も不具合記載の少ないものを選んで注文した。

商品即到着、さて…

本物のリカバリCD付き!
注文後1日で到着。さすがに売買事務的な書類はしっかりしていて、何と中古の保証書まである。梱包はこれでもかというほどの断衝材詰めの、本体・付属品それぞれにエアキャップシート巻き。海外まで行けそうだ。
しかーも。使った形跡さえ無い本物のマニュアル本とリカバリCD付きで、アプリケーションCDはケースシールドを開けてもいないのですよ。はい。これは期待できるぞ!

こんなことで驚いていて、じゃあ前はいったいどういうものを掴まされていたのかというと、リカバリCDはCD-Rメディア、マニュアルはコピーの紙一枚(笑)。というもの。
それでも本体は綺麗でしっかりした品物だった。何といっても本体こそが商品なのであるから、その方がPC使いには嬉しいぞしかし。マニュアルなんてPDFで充分。

商品に説明無かったマイナスポイントあり!

メガネACコード無し?
まあいいけどね、こんなものはあるから。
しかしこれは欠品なのか入れ忘れたのか、どっちだ?

けっこうなキーボードてかり
前のユーザーはそうとうバリバリに仕事してたんだねー…。こういうのは気にしない私だが、元々この機種のキーボードトップは梨目加工なので特定キーのてかりは目立つな。

タッチパッドに黄色い染み
う…。
こここれはあああ!はい。OAティッシュできれいに取れました。
どうも掃除は完璧ではないらしいね、このショップは。

液晶に明るい方向のムラあり
これはいかんっ。こういうのはちゃんと不具合として記載すべきだろしかし。
液晶画面下、ちょうどタスクバーのあたり一帯が急に明るくなっているというやつ。
でもって液晶上あたりは暗めだから、しまつが悪い。

まあ、あれだね。どうせこの辺はタスクバーが常駐するからいいかなと。
何かあるとは思ってたが液晶とは…。デスクトップ壁紙を暗めのものにしてこの不具合に対抗。元々明るい画面は目にきついので、さらに輝度を下げるバイオス設定をいつもやる。

液晶については愛用の DynabookSS2000M の方がクッキリ見やすかったりして。これも過去に中古で買ったものだが、とても状態は良かった。「昭和リース」だったかと思う。
■これ、過去ログで調べると
買ったのはPCaGOGO〔RSS〕という WebShop ビッダーズ店でした。綺麗でしっかりした中古ノートだった。

でもアルフシステムHPにはBBSあり
サポート掲示板である。実はこれがあるから買う気になった。
見ると色んなトラブルと店の対応が書かれていて、こんなものを店のHPに置くというのはかなり自信ありと見えたわけですね。はい。

***
買った機種自体はCPU1Ghzだし、格段に処理が早く感じる。ワイヤレスLAN付きだしね。
ただ液晶がねえ…。天下のSSシリーズで昔のものの方が見やすいなんて思いもつかなかった。それでこの型番は中古に出回っているのか。

近いうちに35,000円ぐらいで売ろうかなとか…。そんなの要らん?あそう。

スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © PC修復-コテ先修理. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。