スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3個のアルミ電解コンデンサ
とりあえず交換すべき電解コンデンサが基盤の何処にあるのか、写真が掲載されている紹介ホームページ「診療記録その1(2002.12.11)」を見てください。
写真には傷んだ3個のアルミ電解コンデンサ1500μF 10vが写っています。ここで紹介するのは他に傷む可能性のある2つの電解コンデンサ560μF 4vも交換してしまいます。
この黄色い電解C(コンデンサ)のある場所はCPUとメモリソケット間にある基盤エリアで、トロイダルコア(ドーナツ状のものに巻き線した部品)の左隣に並んでいるのですぐ見つかるでしょう。

P9120028r.jpg

□ 修理前の写真を撮っておくのを忘れた。
写真は修理後の基盤全体の画像です。CPUファンの右上に2つ、斜めにでかいCを取り付けているのが判るでしょうか。
このエリアをアップした画像が次にあります。

:使用パーツ
まともな電解コンデンサ6個(実は4個ですが)
1. 2200μF(耐温度85℃以上、耐圧16v以上)
        無ければ2400μFでも良い。…… 2個
2. 560μF(耐温度85℃以上、耐圧10v以上)…… 2個

:560μFが無ければ以下を代用します。
470μF(耐温度85℃以上、耐圧10v以上)…… 2個
100μF(耐温度85℃以上、耐圧10v以上)…… 2個
でもって、それぞれ470μF+100μFの並列カップルを2個実装するので全部で6個を半田付け。
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © PC修復-コテ先修理. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。