スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
KDDIメタルプラスに換えてみた。vol. 7 ハブを使う
さて、KDDI メタルプラスでやっとプロバイダ乗り換え作業が済み、ADSLが開通したわけだが、やはりデスクトップだけでなくノートPCでも簡単にネットを繋いで使いたい。
ブロードバンドルータの設定が面倒そうで、とりあえずLANをPCごとにつなぎ変えて使ってみたが、それこそ面倒だよね。
中継機器があればPCのメンテナンスなどでネットを切断する時にも、手元のコンセントスイッチからその機器の電源を切るだけでいい。結局ルーターのお勉強はやめてスイッチング・ハブで複数のPCを繋ぐことにした。

ハブならLANソースをスター型接続をすれば各PC間直通なので何も問題は起きないはずだ。ただセキュリティー関係に若干不安が残る。しかし各PCにはそれぞれ独立してファイアウォールとウイルス防御ソフトを立ててあるので、このセキュリティーソフトの能力を信じてしばらくはハブのみで分岐することにした。

ソフマップに行って Corega の Swiching HUB を買って来る。
これはもちろんファンレスの低消費電力タイプのもので1,779円なり。さっそくメインPC・ノートPC・サブPCを繋ぐと問題なくネットが通じた(あたりまえか)。

さて、肝心のKDDI-ADSLインターネットの接続スピードだが、以前のプロバイダ(8M)のものより若干速くなったかな?という程度(メタルプラス10M)でした。
しかしページ読み込みはスムーズになったなぁ・・・。特に Login 画面などのサーバへのリクエストで引っ掛かるように止まることも少ない(ADSL上り速度ですかね)。ほぼ満足ですね。はい。

ところでKDDIのネットページで月々の電話料金やネット代金を確認するには引き落し口座の申請が必要である。
どの口座にするかと、かなり迷っていたが(私は決定要素の特にないものは無意味に迷うです)結局NTT代を支払っていた口座にして郵送。これがまた銀行回りでの完了にかなり期間がかかりそうだ。
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © PC修復-コテ先修理. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。