スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
KDDI メタルプラスに換えてみた。 vol. 2 ちょっと不安
通信アドバイザーが置いていった KDDI メタルプラス の契約書を詳細に読む。
ヒマですねしかし。
契約してから読むなんて、やること反対みたいだが、家のネットワーク構築は稼動中で、モデムをすげ替える他に屋内工事を要するところなど無いはずだ。
よく見るとさらに細かい接続可能の条件(電話回線を使う他の様々なサービスの有無など)が書いてあるが、こちらはそれらすべてをクリアしている。つまりうってつけのKDDIな屋内配線ということなのか?
ADSLでよく問題になるドアフォンも1年前に外してしまっている。

その後「通信アドバイザー」からさっそく電話があった。
契約内容はだいたい読んだので、このまま切り替えを進めるようGO指示をした。
ついでに質問。
契約書の隅に小さい文字で、「光通信を施設しているエリアでは使用できないことがあります。」などと書いてあるけど、この辺りは大丈夫なのか?
GOサインのあと契約解除すると違約金4万円ほど負担しなければならなくなる、という小さい文字の契約項目を発見していたからだ。そんなことになりたくないからね。
「大丈夫です。お客様の地域は両方いけますよ!」というご返事。
うーむ・・・。光・メタルプラスADSLどちらもOKか。ここは田舎都市なのにけっこう進んでんじゃないの?
じゃあそちらは地域の通信関連は調べて来ているわけ? と念を押すと、
「はい。そうです。問題ありませんね。」とのこと。
問題などはぜんぜん起きそうもない契約だが。

さっそく現行プロバイダのサーバー上に置いてあるデータのバックアップを取り始める。べつに慌てなくても十分猶予はあるけどね。
まずWebメールボックスのすべてのメールをダウンロード。サービスの個人フォルダ内もバックアップ。ホームページデータは元々ビルダーからアップしているので、複数のPCにデータは残っているからOK、・・・と。あとヤフーオークションのハンドルネームはどうなるのだろう? などなど。

引越は手順があるなぁ。
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © PC修復-コテ先修理. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。