スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
KDDI メタルプラスに換えてみた。 vol. 1 発端
今までYahooでずっとヤフーなことをしてきたわけだが、そろそろ他社に替えてみようかな・・・などとはぜんぜん思っていなかった。
というのもメールの移動が面倒だし、サービスにも別にさほど不満がない。
ところが、最近「迷惑メール」でほぼ私のメールアドレスは潰れてしまっていて、別アドレスを作ってメールを受信していたが、元から使っていたメール宛には日に30件ほどの過激エロ件名のメールがたまり放題という日々。まあメルアドなど簡単に変えてそのまま使えるんだけどねぇ・・。

そんなある日、一人のアドバイザーが我が家の玄関に立った。
何やら首には認証カードをぶら下げて、資料を挟んだバインダーを持っている。若いやつだね。今時の髪型です。そいつが言うには既設電話とADSLを一緒にして電話代を節約できるんですが、とのこと。
そういえば電話代についてこのあいだうちのもんとモメた所だったのだ。私はまったく電話など使わないのにADSL代と黒電話時代からのNTT代金を合わせて8,000円ほど支払っているのであーる・・。

玄関先で「接続プロバイダやメールソフトをどこをお使いですか?」などと訊くからふと答えていくと、玄関先のまる聞こえな状況で話すべきことではないか、と気付いて(この辺り声響くんだよな)、そいつを仕方なしに玄関内に収納。うまいね、君。
そうして聞いてみると、確かにこの2つは統合した方が合理的だ。だいいち安上がりに済みそうな・・。
彼はKDDIの代理事業店で勤務する「通信アドバイザー」ということである。べつにKDDIから営業が来たわけではない。既設電話番号もそのまま使えると言う。

長々と様々聞いているうちに、この事業がかなり現代性あり、と判定して即契約してしまったよん。
数字と論理が通っていれば、私の判断はけっこう早い方だね。

というわけで、 KDDI メタル+ どうなるかは次回です。
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © PC修復-コテ先修理. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。