スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
便利な自動ログイン機能の Opera に強敵、ロボホーム? 知らなんだ。
去年、ITニュースで FireFox の自動ログイン機能の保存内容がハッキングされる可能性があると注意する報告があって、それ以来 FireFox での自動ログインを長い間使わなくなっていた。

実は自動ログインについては Opera が最高に便利で、一度入力ログインで「このページにのみ保存」という処理をすれば、次回から自動ログインが出来るわけだが、この時、FireFox のようにいきなり自動ログインなどしない(ブラウザの>>マークを押してやっとログイン)という仕様が気に入って私はずっと愛用しているのだ。むろんこのブラウザ機能に対するマスターキーも登録可能。
FireFox を使う場合、オペラで気に入っているマウスジェスチャーもプラグインで追加できはする。しかしファイアフォックスの「Loginページ表示⇒いきなりログイン」という仕様はどうにもイマイチだったのだ。プラグインなどで設定できるのかも知れないがおれは知らん。設定できてもニュースであんなこと言われたんじゃ自動ログインを使う気はなくなるぞしかし、と困っていた。

ところが最近ひょんなことで Lunascape4 をダウンロード・インストールしてみると、
ロボホーム」とかいうものがくっついてきた。これはIDなどを暗号化して保存する自動書き込み常駐ソフトで、暗号化メモ帳も付属している。基本機能はフリーなのでずっと使えるわけだ。むろん書き込みを命令するまでは、勝手に動作しない仕様になっている。
「ログイン帳のエントリが10個までならロボフォームは無料」というわけで、これで Opera の便利さにかなり近づいた感じだ。

私の場合、よく使うサービスサイトのIDだけを Opera に任せ、あとは文書暗号化ソフトで保存している。しかし20箇所、30箇所と色んなサービスのIDが増えていくと、忘れたIDを確認するのにいちいち暗号化ソフトを起動してパスを入れてと、管理が面倒になってきた。
この Robo Form は急に必要になったりするIDも暗号化メモ帳からマスターキーで即、引き出せるので便利だね。

こいつのよく出来ている所は使用せず何分か過ぎると、ロボホームが自動でデータを再度暗号化してしまう、という機能である。実は文書暗号化ソフトを使っていて危なっかしいことをしていたことがあって、暗号化ソフトを使用後、肝心のメモを再び暗号化しておくのを忘れたまま数ヶ月間ネットを使っていたことがあった。これは冷や汗モノだったぜしかし。
ファイル交換ソフトなんぞを常用していたら、たぶんやられてたね。そういうことが起きにくいパスワード管理ソフトであーる。

ウォールストリートジャーナルから「使いやすいし、スパイ活動もしない...革新的で軽くて有用な製品。」などと、ずいぶん高く評価されて幸福なスタートをしたソフトだ。
しかしこのソフト、グローバルで日本語化されたソフトである。「ロボフォームは全世界で500万回以上のダウンロード実績を誇る」、とある。ならばつまり世界中どこのユーザーであっても内部の機械語ロジックは同じのIDマネージャソフトを使っているということになる。
もしハッキングされたら世界中でドえらいことが起きますぜ、だんな。有料プロ版が用意されているが、これならかなり安心なのかも?
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © PC修復-コテ先修理. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。