スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
GIGABYTE GeFORCE FX5200 を省スペースPCに入れてみた

GeForce FX5200/DDR 128MB/TV・DVI-OUT/LowProfile対応/AGP(8x)

もうだいぶんたつのだけれど、涼しくなって秋も深まると急にゲームなどをしたくなってきた。というわけでこのブログのショップ紹介にも載せてある「PC-SHOP PaW」で買ったショップオリジナル省スペースパソコン(現在は商品なし)にグラフィックボードを増設してみることにしました。
(ちなみにPC-SHOP PaWの広告はアフィリエイトではないよ。ショップにメールして個人的に掲げているもので一円にもならない。ソフト通販ショップCOMPMOTOもそうですが何か?)

さて。実はグラボを増設するのは今回始めて。
2000年頃からオンボードのグラフィックチップで3Dゲームもけっこう動いてたしね。だいたいゲームすぐ飽きるし。

しかし緊張するですね。色んな相性不具合を聞くし…。最もナーバスだよね。



というわけで万全を期してまずマザーボードのマニュアルを引っ張り出してきた。買って一年以上使ってマニュアル見るのは今初めてだ。しかし。
なななな何と!このマザボマニュアルが英文とヨーロッパ各国語でアジア語としてあるのは中国語と韓国語のみだった!!まぁよくあることですが。

何とか読み解いてみると最も重大な注意が「!このマザーボードには1.5V仕様のグラフィックカードを使ってください。3.3Vのものを挿すとマザーが破壊されてしまいます」ぐらいのものでAGPに関してあとは別に大した記述はない。メモリ増設の写真があるだけ。

省スペースで最も問題なのはカードのサイズだがロープロファイル対応と明記していてファンぶん回しをしたりしないシンク冷却のものを選ぶとFX5200になった。ソフマップで5,200円。同じ値段でグラフィックメモリが256MBのものは売り切れ。みんな良く知って手が早い。しかたなくこの128MBものを買ってきた。

■ 取り付けるマザーはASRockのP4S61というものである。
  2G-CPUにチップセットはSis661FX : AGPは8X対応だ。

さてひどい面倒を押して、挿して起動してみると難なくOK。
うーむ…。モニタが新品になったみたいな感じだね。クッキリハッキリです。そういうもんだったのかグラボというのは。もっと早く使えば良かった。
これでちょっとスペック要求する3Dゲームもぎりぎりセーフとなったかな。

手持ちのゲーム「カオスレギオン」を起動してみるとあまり変り映えしないが…それどころか背景特定個所の一部が必ずぼやける。はて? というわけでこのゲームはインストールし直して問題は解消した。
結局コントロールの反応が良くなったな。これははっきりとした違いだ。32ビット表示でも充分早い。

何でも動いてしまうマイクロソフトゲームの「ダンジョンシージ」はさすがに表示が精細になった。これはこのまま何もせずとも表示が綺麗になった。

これに気を良くして後日3Dフィギュア作成ソフト「POSER6」を買いに行く。このソフトは今キャンペーン中で「POSER6+SHADE8.5」バンドルパッケージが、ななな何と
実売¥14,200なのだあああ。
今や3Dソフト技術も熟成して普及版ということか。知ってた?

もうわけのわからん操作のエイリアン3DCGフリーソフト(何を指しているか分かるよね)を使うことはないぞ趣味人諸君。

スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

カオスレギオン
カオスレギオン『カオス レギオン』 (Chaos Legion) はカプコンより発売されたプレイステーション2用及びパーソナルコンピュータ|PC用ゲームソフトと富士見ファンタジア文庫から刊行されている冲方丁のライトノベルによるメディアミックス作品である。小  [続きを読む]
まなかの記録 2007/06/11/Mon 08:04
Copyright © PC修復-コテ先修理. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。