スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 ある日突然HDDがぁああ!...
 ほんのちょっと前に個人出品の「自作PC」をオークションで買ったのだが、ある日突然ハードディスクが読み込めなくなってしまった。その前に起動時コメントでシステムファイルの一つが壊れているとの情報が表示されていたが、その時は何とか起動できたのでOSの自動修復機能が働いたものとタカをくくっていたのが災いしたらしい。
 その後XPのインジケータが終わる画面切り替え時にWinXPは起動できなくなってしまった。モニタは真っ黒けである。XPは初めから32bitマルチスレッドなのだからDOSのカーソルなんぞもちろん出てこない。実はこの時私はWin98SE、WinMe、Win2000Serverの正規ディスクを持っていたがXPのCDを持っていなかった。売主が中古PCのテストに入れたXPをそのまま使っていたのでWin32のシステムファイルを修正することが出来なかったのであ~る。おかげでXPを導入する意味があるかどうかしばらく使ってみることが出来たわけだ。
答えは意味ありとみた。デザインが気に入っただけですが(笑)。

 こうなる直前にやった思い当たることはプリンタドライバの最新UPデートを施したことと、安価スリムパッケージの某有名セキュリティソフト2005版を使い始めていたということぐらいか。

 さてしょうがないので昔の336Mhz Satelliteノートを引っ張り出してメールとネットショッピングに使っていた。何とかHDDを修復しようとしたのだが箱開けがひどく面倒くさい。重いし。線だらけだし。
 Meの入った1GhzデスクトップPC(PC修復-コテ先修理の張本台)があるが、XPのHDDはNTFSフォーマットであって、箱開けして問題のHDDを取り出し、繋いでも修復どころか認識さえ出来ないからであ~る。
 ソフトウェア的に解決しようとして、HDDを取り出さずにMeの一枚もの起動ディスクでDOSコンソールを出しても、むろんNTFSのドライブなど認識できないよね。困った。

 しばらくしてWinXP修復画面が出てファイルも救出できるというCDをオークションで買った。ところがその「修復ディスク」でもだいいちにC:ドライブ自体がエラーで読み込めないのであった。つまり思いのほか深刻なダメージがHDD内に起きてしまっているらしい。だみだこりゃ。
 そのCDをオークションで売っている人に以下のメールを出してみると、 NTFSドライブの読み込めるフリーのFD があるという。

==========================================
本日品物が届きました。
早速ブートしたところ思わしくありません。
パーティションを切ってあった場所にHDDバックアップを取ってありますが、
お送り頂いたCDから復元を選択するとC:とD:にWindowsを2つ見つけ出しました。

もちろんC:ドライブのWinXPを検査復元するので「1」を入力したらフリーズしてしまい、思いのほか深刻な不具合のようです。

反応がないので二度目をCDブートすると、もはやコンソール文字さえ出てこなくなってしまい、なにも出来ずじまいです。

さっそくIDE=USB2.0変換ケーブルをビッダーズで落札したところです。
まともにWin2000が動いているノートPCへのUSB接続で問題のHDDからファイルを救出するつもりです。

何か思い当たることがあればご教授ください。
もしかしてMeのブートディスクを使った時、HDDに妙な書き込みをされたのか…?
判りません。
==========================================
そしてこの方から以下の情報を頂いた。

==========================================
====フロッピーディスで起動しNTFSファイルシステムのドライブに
  アクセスする方法

Windowsが起動しない場合、起動可能なフロッピーディスクで起動しトラブルシューティングをしなければならないといったケースがあったとする。起動可能なフロッピーは古いDOSオペレーティングシステムを起動させる。それ故、Windows XPと2000 が使うNT File System(NTFS)のドライブを認識できない。どうすればいいか?
DOS用のNTFS Readerというソフトウェアを http://www.ntfs.com/boot-disk.htm から無料 でダウンロードできる。
以下に手順を示す。

1.. 次のリンクをクリックする。Bootable Floppy Disk Creator for NTFS Reader
b.. 「NtfsFloppySetup.exe」を実行するか保存するか聞いてくるので、適当な場所に保存する。
c.. 空のフロッピーディスクを入れて、「NtfsFloppySetup.exe」を実行する。
4.. 「START」ボタンをクリックする。
5.. 「CLOSE」ボタンをクリックして終了。
作成されたフロッピーディスクで起動するとNTFSを認識するプログラム「ReadNTFS.exe
」が自動的に実行される。
==========================================

 さっそくこの海外ソフトをダウンロードして起動FDを作り、問題のPCを起動してみると(シンプルで気持ちのよいソフトだ)、めでたく他のパーティションは無事探査できた。ファイルも別ドライブにコピー出来るという。しかし肝心のC:ドライブはこのソフトがスキャンしようとして失敗する。こりゃあ大変だあ。C:にとてつもないエラー箇所があるぞおおお。
 残念ながらこのフリーディスクではスキャンディスクの機能は搭載されていなかった。再び振り出しに戻る。
 とにかくMyDocumentはC:以外のパーティションに作るべきだったのだと後悔する。

==========================================
早速の対処方法案のお知らせ感謝です。
教えていただいた海外フリーソフト、まったく知りませんでした。
すぐに起動ディスクを作り試してみたところです。シンプルで気持ちの良いソフトですね。

結果は…NG.つまりそもそもHDDのC:をスキャンできないことが判明。
パーティションを切ったD:は難なくスキャンしてロングネームでフォルダが探査出来たので、もはやC:ドライブ部分に修復不可能なほどのダメージがあるようです。

PartisionMazic7のFDDをもって診断をしてみるとエラーを10以上吐き出し、クラスタ破損が5箇所出ました。C:以外は無事のようです。
対NTFSのスキャンディスクをかければ無事なファイルぐらいは取り出せそうですがその機能が無いです。(回復CD内にありそうな…)

というような状況におちいっていますので、どうやら箱開け作業は回避できなさそうですね。

サポートアドバイスありがとうございまいた。
ご評価いれておきます
==========================================

以後問題のPCは何もせず放ってある。何たる怠惰。

スポンサーサイト
Copyright © PC修復-コテ先修理. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。