スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フリーソフトの動作はとかく・・
ところで私のPCのセキュリティーには某有名フリーなウイルスセキュリティーソフトを使っていたが、前々から動きに不満があって、数ヶ月前に定番のセキュリティーソフトを買ったままインストールもせずにパッケージをその辺に放ってあった。
今日久しぶりにPCを立ち上げてみるとそのフリーソフトが有効期限切れでついに失効していて、タスクバーに出ていた例のくるくる回りのアイコンが居なくなっていた。

さて、そのままブラウザを立ち上げてみると、、、早っ!!ネットの表示が早いではないかぁあああ!!かなり早いぞしかし。ということはあのフリーセキュリティーソフトの自動検査・監視がネットのもたつきの原因だったのか?

というわけで、さっそくフリーはアンインストール。買っておいたセキュリティーソフトをインストールして有効にした。もしかしてこいつも動き出すとネットのスピードに影響するかな・・・と思いきや、さほどキャリーは感じられない。相変わらずネットのアクセス状態は軽快なままだった。

う~~む・・・やはりソフトは「有料が基本」なのかな。と思ったりする秋の夜でしたね。はい。
スポンサーサイト
今日はちょっと勝負の感じで
しかし何ですな。フィーバー機というのは腕を磨く、とか攻略情報をあちこち調べるというよりも、台選びのカンを磨いてゆくのが結局良いようで。
カンを磨くためにはやはり長年同じ店に通っていなければそういうものは形成されない。というわけで再び駅前店に行ってみた。

今日はちょっと勝負してやろう(実は普通機の合間にチマチマフィーバーを打ってきただけで「勝負」はしていないなぁ・・)と肩怒らせて駅前にくり出てみると、なななななな何と!今日は振り替え休業でその悪名高い店の一軒が休み。しょっぱなから肩すかしを食わされた。しょうがねぇので、いつも何時も出なかった店に行くと新台(フィーバー機とスロット)を入れてある。このやろうめが。二週間も出なかったのはこいつらを導入するためだったのかぁああ!!

というわけで普通機で時間をつぶして適当に回った頃、さっそく新台へ。しかし打つつもりの台が開いていたにもかかわらずその隣の端台に座ってしまう(このワケの判らん行動は何だあ?)。打っているとふとその台に座った真面目大学生風の大男がなな何と500円で確変フィーバー!!!!!
いきなり落ち込む(教訓:自分のカンを信ぜよ)
落ち着いた装いでしばらく打つが回りも最悪なのでおなじみの「水戸黄門」に鞍替えした。水戸黄門は一万円札を入れるとかかりやすい(え??)千円終了して一万円の内500円で確変フィーーバー!!!!(ね。)
相変わらず5箱で止まるなこれ。
1箱飲まれて何にも来ない・・・。4箱獲って止め。

さてお次は気になっていた「紅・・何とか」という新台が二台開いているのを発見。好みの端台へ座る。「353回転、大当たり12回済み」という台だね。これを見たときはカンが騒いだのでさっそく打ったわけだ。案の定1,500円で確変フィーバー!!!!!!
ノンストップで9箱出てしまう。ありゃりゃ。勝ってるよ私。肩怒らせて見るもんだねえ。

ところが9箱で終わって時短になった時の休憩で「水戸黄門」がその後どうなったか見てみるとなななななな何と。痩せた爺さんが三箱出しているではあ~りませんか・・・。
(教訓:時短終了しても二箱分は回すべし)

というわけで1箱飲まれて8箱交換の止め。
しばらく飯食ったり缶コーヒー飲んだりで店内を物色していると8箱で止めた台に実直サラリーマン清潔中年が座って打ち始めていた。それを見とどけてしばらくして戻って見るとやはり低予算でかかって3杯目。う~~む。教訓は生かされないから教訓なのであった。
しかし5万ほど勝った。というか取り戻したのだから嬉しい日となった。

店は益々混み合って来て好きな羽根モノも空かないので、先日行った幹線道路沿いのパチ屋へバスで直行することにした。
ここでは羽根モノしか打たず、アクアで6千円ほどの勝ち。

帰宅の前に水彩画を額装するためのパッドを注文しに画材店へ。手間賃入れて945円也。
駅前はぶんだくりに豹変したりする
さて、いよいよ10万超えマイナスを目処にホームグラウンドを変えることにした。このまま通いつめてよしんばラッキーな勝ちが続いて取り返せても、元々渋い店ばかりなのだから再び負け時期が再発するに決まっている。
だいたい従来のパチ屋は「駅前」という立地条件を維持する大金まで客が支払わされているのだからたまったものではないのだ。電気代だけでも相当なものなのにそれ以上の場所代があるわけで、ちょっと改装しようなんぞと考えやがったら即ぶんだくりの店に変貌するわけだね。

駅周辺のパチ屋もすでに2件つぶれているし。あんな駅前の場所で適当に遊べる店の経営が成り立つわけが無いのじゃよ考えてみれば。駅前即ぶんだくりと考えて良いな。

と、まあそういうわけでインターネットであちこち調べてみて結局「幹線道路沿いにある駐車場のバカでかいパチ屋」というよくあるタイプの店になった。バスで12分ほどかかるがまあ近場でしかも市が違うというやつですな。羽根モノ台をけっこう置いてあるので気になったのだ。
行って見ると近くに「松屋」があって食事代が安上がりだし、本好きの私には「古本の大店舗」なんぞがあったりしてけっこう気に入った。肝心の戦果はさっそく手の平返したように5千円プラスとなった。本当に久しぶりだね。食事代やらを入れるとまあ7千円勝ち程度となるがそういうのは私は計算に入れない。初日としてはまあまあこんなものか。

さすがにちょっとついでにというような立地場所ではなく、車で来る客が中心である。しかしスーパーや小学校やらがある駅周辺にそんなギャンブル場が混在するというのはジグマにとっては非常ぉに便利だけどやはり変だよね。そういうベガスはやはり街はずれでないと、と考えたりするのは私がヨーロッパ人だからか。
ある日とんでもない浪費額になっているわけだ
なんだかんだとエラソーなことを書いているが、実は近頃負けが累積して来てとんでもなくなってきている。
というのも最近になってフィーバーの新基準機なるものがいたくお気に入りになってしまって、あれほど嫌っていたデジタルに金をつぎ込むようになったからであ~る。(「水戸黄門」と「拓郎の夏休み」ですな)さすがにフィーバーが3日、4日・・一週間も掛からないと今までツキが無くて負けていた金額も普通機のほどほどだったのに、その10倍超えになってしまうのだから恐ろしい。

これは一回掛かれば連荘5箱は固いバックが金額にして2~3万円程度という頭があるからなのである。つまり毎日2万持って行って(ドーンと掛かればまあ取り返せる金額だね)負け続ければある日とんでもない浪費額になっているのに気付くわけですな・・。
ちなみに私は4日間で10万を取り返してさらに差し引き6万勝っていたのだが、その後は転落の一途で現在に至っているのであ~る。
いやーパチンコ店、最近稼いでますよおっ。

フィーバー機だけを打っていればもっと酷い事になっているねしかし。私は普通機・羽根モノで勝った金のころがしや玉でフィーバーを打っていた。それでもしかしこのざまなのだから、フィーバーしか打たない人なんかはすごいんだろうね勝ち負けの金額が。

羽根モノも何もかもシブイ釘でもう店を変えるしかないって感じですなあ・・冷静に考えると。(もっと冷静になればフィーバー機なんぞは打ち込まないだろうが)

Copyright © PC修復-コテ先修理. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。